ベーグル作りの基本道具①計る・混ぜる【計量カップ・スケール・ボウル】

困っている人
困っている人

自分でベーグルを作ってみたい!
ただパン作り経験もほぼ無いし、そもそもどんな道具が必要なんだろう?

こんなお悩みにお答えします。

本記事の内容

・ベーグル作りに必要な道具一覧
・ベーグル作りの基本道具①計る・混ぜる篇

本記事の信頼性

本記事を書いている僕は、ベーグル作りを長年続けています。お店を運営しているわけではないですが、今では自作ベーグルをイベント等で販売できるようになりました。 https://bagelfulness.com/profile/


基本的な工程は通常のパン作りとほぼ同じなので、使用する道具も似ています。
ただし、ベーグル作り特有の問題がいくつかあり
実際あまり使用しなかったり、これはあのメーカーの商品が使いやすそうだとか、少しずつ分かってきました。

まずは、ざっと必要なモノを書き出してみました。

ベーグル作りに必要な道具一覧

1.計る・混ぜる

  • 計量スプーン
  • 計量カップ
  • スケール(計り)
  • ボウル

2.捏ねる・発酵

  • スケッパー(カード)
  • キッチンタイマー
  • こね台
  • 滑り止めマット
  • めん棒

3.茹でる・焼く

  • 揚げ網(レードル)
  • オーブン
  • オーブンシート
  • 軍手
  • パンナイフ


今回は、特にココは拘って良いかも!という道具を中心に
自信を持っておすすめできるアイテムをご紹介していきます。

ベーグル作りの基本道具①計る・混ぜる篇

計量カップ

500mlぐらいの大容量で、使いやすい目盛付きの商品がおすすめです。
ベーグルを5-6個分をまとめて作る場合、目安として水も300g近くは必要になります。

また各分量の違いで生地の出来上がりが変わってきますので
目盛は10ml単位で細かく計れるものが使い勝手が良いです。

あとは計量カップ内で水+イースト等を混ぜられると作業がとってもスムーズ。
目盛付きの計量カップなら、それぞれ計量する必要もなくとても便利です!

 ちなみに、私はこの商品を使っています。

白い取っ手に黒い目盛でとても見えやすく、オシャレ。
安心の日本製で、食器洗い乾燥機にも対応。

電子レンジ対応商品ではないですが、人肌程度に温める分には問題なく使えています。

スケール(計り)

各分量を計るときはもちろん
発酵後に生地を同じグラムずつ分割するときなどにも使います。

粉類を計量する工程では、スケールの上にボウルを置き、
各材料を順番に入れていけるとスムーズです。
そのため「O表示機能」がついたデジタルスケールがおススメ。

ちなみに、私はこの商品を使っています。

ボウル

基本は一つあれば十分ですが、材料を混ぜ合わせる用と発酵用の二つあると便利。

混ぜる用のボウルは、ステンレス製で口径27cmぐらいのものが使いやすい。

発酵用のボウルは、レンジの発酵機能も使え、発酵の進み具合を見るため、透明なガラスボウルがおすすめ。

  ちなみに、私はこの商品を使っています。

  最後まで読んでいただき、ありがとうございました。
  「②捏ねる・発酵篇」に続きます。

2件のコメント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA